株式会社サンフラノ 新発想網戸のなまらアミード

外に開く窓に最適! プリーツ網戸やロール網戸とは全く違います!

RSS
 
HOME > なまらアミード

以下の6種類があり、主に窓の形状やハンドル位置、網パネルの構成及び動く方向で区分されます。
以下、個別にご説明します。アイコンをクリックするとサイズ選択画面に替わります。

VNP型

 ハンドルが下にあるサッシ専用です。

 網パネルが1枚で上下に動きます。

 ハンドルレバーを操作する分だけしか開きません。

 その幅だけ、上部に透明プラスチックパネルが付きます(横に薄い線が入ります)。

 上部に磁石ラッチ(オプション)を付ければ、網パネルを上げたままにできます。

 窓を大きく開ける必要が無いが、開閉の頻度が多くスピーディーに操作したい場合に向いています。

 各機種の中で、HNP型と並んで最も軽くて薄い仕様です。HNP型を90度回転させたのと同じ形になります。

 価格が一番お安いです。


VNN型

 ハンドルが下か右または左にあるサッシ用です。

 網パネルが2枚で、上(橙)は枠に固定されて動きません。下の網パネル(緑)だけが上下に動きます

 網の大きさの比率は変えられ、最大で上下幅の半分まで開くことができます。

 上部に磁石ラッチ(オプション)を付ければ、網パネルを上げたままにできます。

 下部に、あおり止めのロックスイッチ等がある場合にもよく使われます。

 取り付けの自由度が高く、いろいろなタイプの窓にも適用可能です。

 外開き窓以外(上げ下げ窓・ルーバー窓・ジャロジー窓・オペレータ窓等)でも適用可能です。

 HNN型を90度回転させたのと同じ形になります。


VNND型

 ハンドルが右または左にあって、上下の中央かそれより上に位置するサッシ専用です。

 網パネルは2枚、状況によっては3枚使います。

 上の網パネル(橙色)は通常上部に固定されますが、状況によっては動くようにもできます。

 上部に磁石ラッチ(オプション)を付ければ、網パネルを上げたままにできます。

 サッシの上部にロックスイッチとか、何か障害物がある場合に対応できます。

 大型窓や縦長のスリット窓にも適します。


VNNP型

 ハンドルが右または左にあるサッシ用です。

 網パネルが2枚で、下の網パネル(橙)は枠に固定されて動きません。上(緑)だけが上下に動きます。

 ハンドルを操作するのに必要なだけしか開きません。

 その幅だけ、上部に透明プラスチックパネルが付きます(横に薄い線が入ります)。

 上部に磁石ラッチ(オプション)を付ければ、網パネルを上げたままにできます。

 下の網パネルが固定されていて、中央部が少し開くだけですのでスピーディに開閉できます。

 構造上の強度が特に高く、ペットや小さなお子様のいるところに有効です。

 操作し易く、大型の縦すべり出し窓や出窓、スリット窓にも適用し易いです。


HNP型

 ハンドルが右または左にあるサッシ用です。

 網パネルが1枚で左右に動きます。

 ハンドルレバーを操作する分しか開きません。

 その幅だけ、片側に透明プラスチックパネルが付きます(縦に薄い線が入ります)。

 窓をあまり大きく開ける必要がないが、開閉の頻度が多く、スピーディーに操作したい場合に向いています。

 各機種中、VNP型と並んで最も軽くて薄い仕様で、価格もVNP型に次いでお安いです。

 VNP型を90度回転させたのと同じ形になります。

下部に、あおり止めのロックスイッチ等がある場合は不適です。この場合はHNN型またはVNN型がよろしいです。

 極端な縦長の窓には適しません。この場合はVNN型かVNNP型あるいはVNND型がよろしいです。


HNN型

 ハンドルが右または左にあるサッシ用です。

 網パネルが2枚で、(橙)は枠に固定されて動きません。ハンドル側の網パネル(緑)だけが左右に動きます。

 網の大きさの比率は変えられますが、最大で左右幅の半分まで開くことができます。

 縦すべり出し窓用ですが、引き違い窓や連窓・両開き窓・テラス窓でも適用可能で、この場合は両方の網を動かすこともできます。

 縦にあまり細長い窓には適しません。この場合はVNN型やVNND型またはVNNP型がよろしいです。

 VNN型を90度回転させたのと同じ形になります。


不明のことやご希望等がありましたらお気軽に、下記の店長宛メールでお問い合わせください。
(窓の写真を添付してください)
shopmaster@sanfurano.co.jp

商品一覧

説明付き / 写真のみ

1件~40件 (全63件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

1件~40件 (全63件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

ページトップへ